吹き付け断熱

今日は断熱材のチェックです

吹き付けタイプの断熱材です

この工法は解体時の費用が増える短所があるのですが

その分、初期費用は抑えられますし、気密が取り易い為結構普及しています

解体する時(50年後?)は費用の件もクリアされているかも知れませんしね

断熱性能は吹き付ける厚さで決まります

今回は目いっぱい吹き付けて頂きました

内部の天井高さを確保する為に、天井断熱工法にしています

この工法は高い断熱性能が求められますので、壁の倍以上吹き付けて頂きました

高い天井は気持ちが良いですね